今だからこそ取っておきたい資格一覧&資格ランキング

社会保険労務士という資格

社会保険労務士という資格

労務関係のアドバイスや指導、労働・社会保険に関する法令に基づき書類の作成を行ったり、より良い職場環境を作るための幅広い知識とすぐれた能力を備えた、企業の強力なパートナーとして活躍の場がますます広がっているのが、社会保険労務士です。この試験の資格取得情報として、この資格を持っていれば就職や転職に有利になります。独立して開業することもでき、キャリアアップにつながり職務手当もついてきます。加えて労働法や社会保険に関する知識を養えば、世の中を生き抜くための力にもなります。

メンズのモテテクはこちらで学んじゃいましょう!

中小企業診断士という資格

中小企業診断士という資格

中小企業診断士は、経営コンサルタントとしてあらゆる業種の企業や事業部門の責任者などとして優遇されて資格です。資格取得情報の過程で学ぶことは、商品の販売、会計、財務、マーケディング、生産管理といった幅広い知識を身につけなければならないのです。これらの知識は、実務に即、活用できるのです。資格取得によって得た、幅広い経営の知識を基に、いろいろなビジネスに活躍できる可能性が広がり、企業の社内研修やセミナーなどの講師として活躍できます。

オシャレライフを送りたい女子のためのべリンダはこちら

キャリアコンサルタントという資格

キャリアコンサルタントという資格

キャリアコンサルタントとは、就職を希望する人に対してキャリアデザインなどの相談を行う専門職です。業務独占資格ではないので、民間資格として様々な機関が講座や試験を実施していましたが、平成28年4月から「キャリアコンサルティング技能士」という国家資格となりました。技能士になるためには筆記試験と実技試験に合格し、キャリアコンサルタント名簿に登録することが必要となります。この技能検定試験は、厚生労働大臣から指定試験機関として指定を受けた「特定非営利活動法人 キャリア・コンサルティング協議会」が実施していますので、詳しい資格取得情報はキャリア・コンサルティング協議会または厚生労働省から開示されています。

メンタルヘルスという資格

メンタルヘルスという資格

今取るべき資格として注目されている資格に、メンタルヘルスに燗する資格があります。心の健康はストレスとの結び付きも強く、うつ病などの対策や改善などの心の病気に対するサポートなどを行うことが大切になります。これらの職業に就くためには、メンタルヘルス・マネジメント検定や産業カウンセラー、精神保健福祉士、メンタルケアカウンセラーなどの資格取得情報をチェックし、スクールや通信教育などで基礎知識を学ぶことから始めてみると良いでしょう。

保育士という資格

保育士という資格

保育士の資格を取得するには厚生労働省の指定する養成学校を卒業するか、試験を受験し、資格を取得します。資格取得情報をきちんと把握し間違いのないように対策をとります。試験には筆記試験と実技試験の2つがあり、一度に全ての科目に合格できなくても期限内であれば不合格科目のみの受験が可能です。保育士試験は年に1回全国各都道府県で実施されます。28年度から試験が、前期と後期の2回実施されていますので、きちんと確認してください。