今取るべき資格『中小企業診断士』の資格取得情報まとめ

中小企業診断士の資格を取得するメリット

中小企業診断士の資格を取得するメリット

国が認める唯一の経営コンサルタントの資格である中小企業診断士。最近は取得したい常連としてもあがってくるなど人気がありますが、中小企業診断士の資格を取得するメリットを見ていきましょう。

中小企業診断士の資格取得に向けて勉強する上で、経済学や財務管理など、経営にまつわる7科目を勉強します。

これにより経営全般の知識が身に付くだけでなく、財務諸表の知識・株の知識など、幅広い視点を身につけることができます。

また、新しい仕事を任されたり、責任のある仕事を任せられたり、社内の評価がアップするというメリットもあります。

さらに中小企業診断士の資格があると、名刺に書くことができます。それによって初対面の人からも信頼され、幅広い人脈を築ける可能性があります。

また、向上心があるということで転職の際に有利という点もあげられます。自分のスキルアップだけでなく、社内外からの信頼もアップするのでおすすめの資格だといえます。

中小企業診断士の合格率

中小企業診断士の合格率

中小企業診断士の資格は、現代の企業経営をサポートするための重要な資格として最近非常に注目されています。

特に試験内容が改定されその内容が経営全般に必要な知識を網羅する内容となってからはその難易度も高く、またさまざまな方面で徴用される資格となっているのです。

そのため試験の合格率は低く、おおむね20%程度の合格率となっています。

しかしその中には学習不足と言う人も多く、様々な必要な項目についてしっかりと学習を行っていれば合格できないと言うものではありません。

中小企業診断士の合格率が低い理由は、要求される範囲が非常に広いことによります。

経営に必要な企業理念や経済学のほか、環境問題に関する知識や経理や金融に関する知識なども要求されることから、様々なテーマについて広く浅く習得しておくことが重要になります。

中小企業診断士を取得するための勉強時間

中小企業診断士を取得するための勉強時間

中小企業診断士の資格は、経営コンサル系における唯一の国家資格であり、特に中小企業の数が多い日本においては、経済社会を支えていく上で非常に重要な役割を果たします。

そのため、中小企業診断士には高度な専門的知識と経験が必要とされ、それを最低限満たすかどうかを試す試験の内容も非常に難関です。

中小企業診断士の試験では、合計で7科目に合格する必要があり、そのどれもが高難易度となっています。

取得にかかる一般的な勉強時間としては、中小企業診断士を専門に指導している専門学校を受講することを前提にしても、二年程度はかかります。

しかも、それは勉強に専念できる環境を前提としているため、たとえば仕事をしながら、あるいは大学とのダブルスクールで取得を目指すなどとなれば、さらに数年間は見ておかなければならないでしょう。