今取るべき資格『保育士』の資格取得情報をまとめてみた

保育士の資格を取得するメリット

保育士の資格を取得するメリット

子供と接することが生きがいであると感じる方にとって保育士というお仕事は天職と言っても過言ではないほどの魅力があります。

特にいつもお世話をしている子供から慕われた時には言い表すことができないほどの喜びがありますし、毎日のように成長していく様子を間近で見るのは感動的です。

また、保育士の資格を取得しておくと今後の人生において、職に対して不安感を抱くことが無くなります。

その理由は今日において保育士の資格所有者は減少傾向にあり、慢性的な人手不足に見舞われてしまっていることが関係しています。

たとえ出産や子育てで退職してもすぐに現場復帰できるのは安心感が得られる大変大きなメリットであり、プライベートを充実させる起爆剤にもなります。

保育士の合格率

保育士の合格率

保育士というと、都市部を中心に人手不足が叫ばれており、現在ではかなり希少価値である、取得すればほぼ必ず就職に直結する資格と言えます。

保育士になるには養成施設を卒業する方法と、国家試験を受ける方法があります。国家資格の合格率は2割前後となっており、かなり狭き門と言えます。

保育士の国家試験は筆記試験と実技試験があります。筆記試験には8科目があり、合格には全科目で6割を取得することが求められます。

一科目でも得点が満たないと不合格なので、しっかりと各科目を学習し対策をすることが求められます。

実技試験は筆記試験を突破した受験者だけが受けられ、音楽、絵画制作、言語の中から2つ選んで受験し、6割以上の得点で合格となります。

保育士を取得するための勉強時間

保育士を取得するための勉強時間

保育士の資格取得に取り組み始めるにあたって、知っておきたい点の一つに勉強時間の目安がありますが、これはその人がおかれている状況に応じて異なります。

例えば、産休や育休などといった長期の休業を取得している場合など、まとまった時間を確保しやすい状況だと、食事や睡眠時間を除く多くの時間を勉強にあてれば3ヶ月程度で一発合格できるだけの力が身につきます。

しかし、短期間とはいえ、すべての力を保育士試験のために注ぐのは並大抵のことではありません。半年から1年程度の期間で合格できるようなスケジュールを組めば、余裕をもって勉強に取り組むことができるでしょう。

なお、保育士試験は科目合格制が採用されており、筆記試験で一度合格した科目は3年間は再受験不要となっています。

試験は一発で合格するのが理想ですが、仮に不合格になったとしても気を落とさずに、引き続き残りの科目の合格を目指して勉強に取り組みましょう。