今取るべき資格『メンタルヘルス』の資格取得情報まとめ

メンタルヘルスの資格を取得するメリット

メンタルヘルスの資格を取得するメリット

数ある資格の中でメンタルヘルスを取得すると社員が抱えている悩みの相談相手になってあげられたり的確なアドバイスができるという事の他に、ノウハウを用いて職場全体を明るくさせられるというメリットがあります。

もちろん、学んだことを自分に対して活かすことができれば、現代社会では特に抱え込みやすいストレスを早期解決できるというメリットもあるのです。

こうした点からメンタルヘルスの資格を有していることを履歴書に記入すると、就職活動が有利に進められることが多く採用に繋げやすくなります。

また、相談する側としても一切資格を有していない方に話を持ちかけるよりも気兼ねなく感じられ、胸の内を訴えやすいので双方にメリットになります。

メンタルヘルスの合格率

メンタルヘルスの合格率

メンタルヘルス試験とはそもそもストレスに悩む社会人による離職や退職が背景としてあり、その方たちのために心の悩みを解決することを目的とした試験のことで、資格として認定されます。

試験の種類にはマスターコース・ラインケアコース・セルフケアコースの3種類がありますが合格率は異なります。

一番難易度の高いマスターコースは2015年度で約18%、ラインケアコースは約55%、お手軽なセルフケアコースは約80%です。

日常の一環として気軽に取り入れるならまずはセルフケアコースから初めて最終的にはマスターコースまで着々と受験するのが理想です。

ストレス社会と言われている今日ですがこの機会に次に進む第一歩としてメンタルヘルスを取り入れて明るい未来を描いて見るのはいかがでしょうか。

メンタルヘルスを取得するための勉強時間

メンタルヘルスを取得するための勉強時間

メンタルヘルスマネジメント検定について、ご紹介します。近年、仕事での人間関係などで、ストレスを抱える方が増加傾向にあります。

それにより、心に不調を抱えてしまうという方も少なくありません。

メンタルヘルスマネジメント検定とは、必要以上にストレスを抱えることなく、活力のある職場づくりと、心の不調の未然防止を目指し、メンタルヘルスケアに関する知識を習得するための資格となっています。

その勉強時間ですが、一般的に3か月程度と言われています。もちろん、資格取得に対する勉強時間のかけ方などで、個人差はあるかと思いますが、独学での学習に不安がある方は、通信教育などを活用してみてはいかがでしょうか。

おおよその目安ではありますが、3か月程度で資格を取得できるよう、カリキュラムが組まれています。