今取るべき資格『社会保険労務士』の資格取得情報まとめ

社会保険労務士の資格を取得するメリット

社会保険労務士の資格を取得するメリット

社会保険労務士は企業において労務管理を行う資格職です。資格を取得するメリットとして、多くの就労場所があるということが挙げられます。

どの企業でも雇用保険や年金に関する業務は避けることが出来ず、社内で社会保険労務士の有資格者が勤務していなければ社会保険労務士事務所に業務を委託することになり、その役割は非常に重大なのです。

また、士業として独立開業できることも大きなメリットです。

企業の規模によっては有資格者を雇用することが難しい場合があり、社会保険労使事務所を経営していればそういった企業から業務を委託することが可能です。

士業として独立開業できる資格は数が限られていますが、社会保険労務士はその一つなのです。

社会保険労務士の合格率

社会保険労務士の合格率

年金や労務管理の専門家として活躍できる国家資格の社会保険労務士ですが、社会保険労務士になるには毎年8月に行われる試験に合格する必要があります。

試験は選択式試験と択一式試験で行われ、労働保険と社会保険に関する8科目について行われます。

合格基準点は年によって若干調整が行われるものの各科目について選択式と択一式それぞれ足切点が設けられ、総合得点で合格点を上回っても、足切点に満たない科目が一科目でもあれば不合格になります。

点数の調整が行われることからも分かるように、合格率は年によって極端に変化しないよう注意が払われていますが、正誤の分布によって調整が難しいときなどは、合格率が3%を切った年もあります。

合格率は決して高くはありませんが、キャリアアップには有効な資格といえます。また社会保険労務士試験は受験資格が求められますので事前確認が必須です。

社会保険労務士取得するための勉強時間

社会保険労務士取得するための勉強時間

社会保険労務士を取得するのに、必要な勉強時間は一般的に1000時間以上といわれています。

当然個人の能力次第で短縮できますが、より確実に合格を目指すならこのくらいの勉強時間は必要になります。仕事をしてない方で毎日勉強にうちこめても6ヶ月ほどかかります。

仕事をしている方などは、空いてる時間を勉強時間として使っても10ヶ月以上はかかる計算になります。

しかし、毎日仕事が終わった後3時間勉強するにはかなり強い意思が必要ですし、付き合いもあるはずです。

社会保険労務士を取得するには通勤時間を使って勉強するなど時間をうまく使うことが大切になります。また試験日から逆算して、無理なく勉強できるプランを立てることも大切です。